ナース人材バンク

ナース人材バンク

ナース人材バンク

紹介実績 NO1(※2009年自社調べ)

全国の拠点数 NO1(※2011年自社調べ)

コンサルタント数 NO1(※2011年自社調べ)


ナース人材バンクの特徴!

安心の上場企業が運営する「ナース人材バンク」は 年間利用者10万人以上の看護師さんが利用する 国内最大級の転職支援サービスです

ナース人材バンクのスペック

商品名ナース人材バンク
対応エリア 全国
利用者数 年間2万人以上
求人件数 約20万件
非公開求人 あり
祝い金 なし
コンサルタント あり
特長 1.年間利用者数は10万人を超え、国内最大級の看護師さんの転職支援サービス
2.東証一部上場の安心企業が運営
3.全国16拠点で展開しているため、全国どちらにお住まいの看護師さんでも転職サポート
4.給料などの条件交渉も、専任のキャリアコンサルタントにお任せ


ナース人材バンクの口コミ(青森県弘前市)

40歳 女性、青森県弘前市 ディサービスセンター勤務 勤務年数1年半です。

ナース人材バンクを利用(転職サイトは初めて)しました。

転職後勤務先は 介護老人保健施設です。

ナース人材バンクは友人が利用し転職したと聞いていたのがきっかけで登録しました。

ハローワーク弘前にも登録しましたが給料など自分では聞きにくい事 も交渉してもらえると聞いたので

良かった点は自分の希望条件に合ったところを探してもらえ給料交渉や勤務内容 の交渉をしてもらえたところです。

基本給は経験により考慮となっていたが面接前に実際の金額を知る 事もできました(給料交渉は個人では言いにくいので・・・)

悪かった点としては、 連絡が夜しかこず、なかなか電話にでれず少し時間がかかった点です。

職場の雰囲気も知りたかったため面接日に見学したいと伝えましたが
忘れられ当日見学できなかった点も気になりました。

給料などの条件面は合意しても 雰囲気(介護施設なので見学して職員の対応など見たかった)など を見ておきたかったです。

利用者に対する職員の対応、言葉遣いで施設の 良さなど大抵わかるので・・・。

結局入社日まで見学できなかったです。

接遇を大切にしていると言っていましたが実際の現場は問題があると 思いました。この職場で働きたくないと思いすぐ辞めてしまいました。

自分に合う企業を探してもらったり交渉をしてもらうにはナース人材バンクなどの転職 サイトの利用はメリットがあると思いますが、その企業の評判などは 口コミなどで自分で調べた方がいいと思います。

出入りの多い企業 は人材が欲しく多少の給料アップをしてもらえるがそれなりに悪い 面があると思いますので。


ナース人材バンク口コミ(20代後半 女性)

新卒で入職した総合病院に勤めて3年、結婚のため引っ越しをしなければならなくなったので転職をしました。

初めての転職で不安だったため、ナース人材バンクに登録をして病院の紹介をしてもらうことにしました。

友人や先輩からも信頼できる転職サイトだと聞いており、Web広告などでも実績No1とあったため抵抗なく登録をしました。

親身に相談にのってくださり、そのとき紹介してもらったのが創立35年の市民病院でした。

看護師不足の昨今、HPには求人情報も勿論掲載されており、給与面や勤務体制、年間休日、福利厚生も詳しく書かれていました。

人事部に連絡をいれて病院見学をしたい旨を伝えると、快く受け入れてくれました。

見学当日は、看護部長さんのマンツーマンで院内を見学することができ、気兼ねなく質問もできました。

一番に気になっていた給与面に対しても、わたしの学歴、以前の勤め先、経験年数とを院内の就業規則に沿って照らし合わせ、自分の目で基本給を確認することができました。さらに、看護師業務ではありながらも保健師の資格を有していることから以前の病院ではなかった職務手当もあり大変嬉しかったです。

その場で採用を頂きすぐに仕事を始めることができました。

配属された部署は、複合の内科病棟で入退院や簡単な手術出しの多い、ほどほどに忙しい病棟でした。

しかし、驚いたことに看護師や看護助手の数がとても多く、受け持ち患者の数も以前の勤め先と比較して少なく、イベントは多いものの患者さんとの時間を十分にとれる病棟でした。

また、ベテランナースが多いため、不安なことや分からないことも聞くことができ、安心感もありました。ベテランといってもほとんどがママさんナースだったので理不尽な厳しさもなく、仕事はきちんとこなしながらも休憩中は和気あいあいと雰囲気がとてもよい職場でした。

また、ママさんナースはお子さんに合わせて土日に休みの希望を入れていました。まだ子持ちではなかったわたしが自然と休日出勤が増えていきましたが、休日出勤手当が出ていたので、むしろ率先して出勤していました。

夜勤も2交替で勤務時間は長いものの、看護師2〜3名+看護助手1人で行うため体力的な厳しさはなく、必ず休憩も確保できました。夜勤手当も以前の病院より3000円多く、月の回数も自己申請できるので、希望すればするほど給料UPにつながりました。

大成功の転職をして感じたことは、給与面と手厚い人数体制は働く上で重要であるということでした。

どんなにやりがいがあっても、それに見合わない給料であったり厳しい勤務体制だったりすると必ず辞めたくなると思います

身体的精神的経済的にゆとりがあれば、自分の看護観を再確認できるゆとりもうまれます。また、「人間関係は入職してからでないとわからない」といいますが、ゆとりがあればギスギスしないものです。

そのためにも、転職する際には基本給の決め方や手当、日勤夜勤の勤務体制などをじっくりと自分の目で確認をしておくべきです。そうすれば、「こんなはずじゃなかった」と思うような転職にはならないと思います。